あなたが、これからホームページを制作会社に依頼を検討しているのであれば
知って置かなければならない
「ホームページ制作会社の選び方」
について、前編と後編に分けてお教えします。

 

弊社にご相談いただくお客様の多くが
「知り合いの社長がホームページを作ったけど役に立たないと言っている・・・」
と言われています。

 

なぜこんなことが起こってしまうのか?ということですが
そもそも、社長が「集客をしたい。広告宣伝費として計上。」という
前提でホームページを依頼しているにもかかわらず
ホームページ制作会社の担当者の頭のなかにはそういった前提が無く
「ホームページを作成する作業賃(人件費)」で見積もりを作っているからです。

 

この記事に運良くたどり着いたあなたには
そんな不幸なドブ銭を払うような自体に遭遇しなくて済むように
集客に直結する、会社の営業マン代わりになる役に立つホームページ
を制作してくれるホームページ作成会社を選ぶようにしてください。

 

今回の前編では、ホームページ制作会社の

・営業スタイル
・コミュニケーションスタイル

についてあなたが理解しておかなければ
非常に高いリスクを取ることになりますので
重要事項としてお伝えしておきます。

 

営業スタイル

自社でホームページを使って集客し、ビジネスを行っている会社を選ぶ

あなたが最も望んでいることは
ホームページから勝手に見込み客が現れて
売り込みしなくても自動的に売れてしまうような状態が欲しいですよね?

それであれば、あなたが一番最初に考えておくべき
ホームページ制作会社のチェックポイントがこれです。

そもそも、その会社が
「ホームページで自社の顧客を増やしているのか?」

ということです。

多くのホームページ制作会社は、泥臭い足で稼ぐ営業スタイルをとっているところが多く
新規のみ込み客を集めるためにホームページを使っていません。

営業マンを雇って「足で営業」したり、既存顧客からの「紹介」で食べている会社が恐ろしいほど多いのがこの業界の実態です。

営業が不要だ。ということではなく、
「自社のホームページで自社の顧客を集めていない」
ことが問題なのです。

 

ホームページから見込み客を集める場合
自発的にネットで検索して買い物をするような人しか
集めることしかできません。

つまり、すでに「顕在化」している見込み客しか集められない。ということです。

ですので、そもそも「問題意識を持っていない」見込み客にアプローチするにはホームページは役に立ちません。

そういう意味では営業マンは大いに役に立ちます。

ですが、今回のお話ではそもそも、前提としてホームページで集客できない制作会社が
「ホームページで集客しましょう」とか言ってもチャンチャラおかしいですよね。という話です。

 

また、「意識高い系」の流行りの技術を取りれまくった
いわゆる「おしゃれなデザインのホームページ」を作ることしかできないホームページ制作会社も多いです。

用途によってはこういうホームページも良いのですが、見た目ほど集客力がないことがほとんどです。

オシャレであれば集客できるのか?というと残念ながらそうではないのです。

ダサいホームページで毎月1,000万以上稼いでいる。なんていうことは良くある話です。
まぁ、意識高い系のデザイン屋さんたちはこういったことにそもそも興味がありませんので
「イケてるホームページのデザイン」をしたいのであって、あなたの「売上」じたいに興味関心が薄いことが大問題です。

 

つまり、具体的にあなたの財布にお金を運んでくれるようなホームページ
ビジネスに役立つホームページの構築ノウハウを持っている会社は本当に限られた少数しか存在していません。

 

もしあなたがホームページ制作会社に話を聞いている最中に
ネット集客のノウハウを持っているか確認したい場合は

「御社は新規の見込み客を、どうやって集めているんですか?」

と聞いてあげてください。

この質問に対して、

「半分以上がホームページからですね。」
とか言ってくれればとりあえずボーダーラインはクリア出来ていると思われます。

ただし、その会社がホームページで集客できているからといって
あなたの業種業態で同じように集客できるか?はまた別の話ですので
過剰な期待はしないようにしておいてください。

どんな業者であっても、あなた業務において、
あなた以上に見込み客のことを理解して
業界のことを熟知しているホームページ制作業者は存在しないからです。

 

横文字を使わないで説明してくれる

ありがちなアルファベットの専門用語でしか会話できない担当者は要注意です。
なぜ横文字を使ってしまうのか?というと、その単語の意味を本質的に理解していないからです。

専門用語を使わずに、経営者のあなたが一番理解しやすい単語を選んで翻訳した言葉で説明してくれる担当者がいる会社を選んでください。

特にホームページの制作を依頼すると、最低1ヶ月〜3ヶ月くらいは
制作会社の担当者とコミュニケーションを取らされることになります。

ホームページ作成会社とあなたの共同プロジェクトとして一緒に作っていかなければならないので
丸投げすると確実に役に立たないホームページが完成してしまうからです。

ホームページ制作をすすめるなかで、あなたの考えや希望を担当者に伝えながら、
アドバイスや提案を求めることになります。

ですので、横文字しか使えない、会話が成立しないような担当者と
やり取りしてもあなたが望んだようなホームページは絶対にてにはいりません。

まともにコミュニケーションができるのかどうか?を
事前にちゃんとみるようにしておいてください。

また、あなたのビジネスに関する知識を持ち合わせている担当者なのか?
ということも併せてみておいてください。

あなたの業界や業務のことを全く理解していないような担当者に作らせると最悪の状態になります。

 

以上2点、くれぐれも実力不足の集客できないホームページ制作会社に捕まらないよう、ご注意くださいませ。