ホムペ会員限定・ホームページ作成ノウハウ集

Q.キーワード広告とは何でしょうか?

キーワード広告とは、検索サイトで検索を行った時に表示される広告のことを言います。現在下記の2社が最大手としてサービスを提供しています。

 

  • Google社 アドワーズ広告
  • Overture社 スポンサードサーチ

通常のバナー広告と異なり、このキーワード広告は、「事前登録されたキーワード」が入力された時にだけ、広告文が表示されます

 

通常のバナー広告は、どんな人がそのページにアクセスしたかに関係なく、常に表示されます。そのため自分が狙っている顧客セグメントと全く関係のない人がアクセスして来たとしても、広告が表示されてしまいます。

 

例えば、「子供服」を販売しているお店の広告は、「子供服を探している人」に広告を見てもらいたいのですが、今までのネット広告では、その広告を誰が見ているか分かりませんでした。極端な話、「子供服」にほとんど関心のない「20代のサラリーマン」向けにその広告が表示されているかもしれないのです。

 

このケースだと、いくら広告費を払っても、その広告を見ているのが「子供服」に全く関心のない人たちですから、広告の効果はほとんど見込めません。

 

ところがこの「キーワード広告」では、「キーワード」を絞り込むことにより、自分の商材に興味がある人「だけ」に効果的に、広告を表示するように設定できるのです。

 

逆に、「スーツ」とか「紳士服」とかで検索された時には、その広告は表示されません。従って、「子供服というキーワード」を入力する人、すなわち「子供服に関心がある人」にだけ、効果的に広告を表示することができるのです。

 

この「キーワード広告」というのは、従来の広告で言うと「電話帳広告」が一番イメージに近いと思います。一方「バナー広告」は「新聞の3行広告」と言った所でしょうか。

 

新聞の3行広告は、誰がその新聞を読んでいるかにかかわらず、一律にその広告が掲載されます。

 

一方、電話帳広告では「業種の分類」毎に広告が表示されます。子供服の広告をするのであれば、「子供服」の業種欄に出稿すれば良く、「紳士服」とか、もちろん「精密機械」とか「パソコン教室」と言った、全く関係のない分類に出す必要はありません。

 

キーワード広告もこれと同じで、「自分のお客様が検索しそうなキーワード」に関してのみ広告を出稿すればよいのです。