ホムペ会員限定・ホームページ作成ノウハウ集

メニューの考え方

  • メニューを決めるにあたって、まず何に着目して考えたらよいのでしょうか?
  • 最低限入れておいたほうが良いメニューはありますか?
  • サイドメニューの大項目と小項目は、どう使い分けたらいよいのでしょうか?

 

メニューとは、ブログ画面上の左部ないし右部、上部、下部に表示されるコンテンツ一覧のことです。

メニューは、ブログ内全ページに固定で表示されます。

 

メニューの種類

メニューには、以下の3種類があります。

(1)サイドメニュー
ページの左あるいは右側のサイドバー部分に表示されメニュー。
「大項目」「小項目」の2種類を設置でき、階層構造を取ることができます。

(2)ヘッダーメニュー
ページ上部に設置された、縦棒で区切られた横並びのメニューです。

(3)フッターメニュー
ページ最下部のフッターに設置された、縦棒で区切られた横並びのメニューです。

 

メニューの考え方・決め方

一般にアクセス者は、上から下へざっと視線を動かし、メニューの文言からホームページの内容を、メニューの数からホームページの規模を大まかに判断し、他のページを見るかを決めます。ですから、メニュー名・数・構成は非常に重要です。

(1)まず、候補となるメニューを順不同で列挙します。

(2)メニューをいつくかのグループに分けます。

(2)全体のストーリーに従って、上記グループの順番と、グループ内のメニュー順番を整理します。

(3)サイドメニューに関しては、コンテンツの内容に合わせて大項目、小項目を設置します。アクセス者には、一般に小項目よりも先に大項目のほうが目に入ります。

 

メニューを決める際のポイント

何よりもメニュー名は「分かりやすく、簡潔」に作成しましょう。

 

また、検索サイトは、メニューに含まれたキーワードを重視します。したがって、メニュー名には、必ずSEOキーワードを含めるようにしましょう。ただし、無理矢理SEOキーワードを含ませてメニュー名が不自然にならないように気をつけましょう。SEOキーワードを「さりげなく」含めるのがポイントです。

 

 

メニューの中には、殆どの場合必ず読まれるコンテンツがあります。下記のメニューは、できるだけ入れるようにしましょう。

 

●お客様の声

 

「お客様の喜びの声」「愛用者の声」「成功事例紹介」といったページは、真剣に購入を検討している人が必ずアクセスするページです。

 

インターネットという「実際の商品を触れない」世界では、こうした「先行ユーザーの体験記」をアクセス者は非常に重視します。「先行ユーザーの体験談」を通じて自分の疑問を解消したり、また「他の人も良いと言っているんだったら、きっと大丈夫よ」という感じで、自分自身を納得させるために使うのです。

 

また、「お客様の喜びの声」に顔写真を掲載されると、商品・サービスに対する信憑性は格段に向上します。「顔写真まで出しているんだから、きっと嘘ではないだろう」という風にアクセス者が感じるからです。

 

ところで、こうした「お客様の声」を掲載するときは、「イニシャル」だけを掲載するのはやめましょう。

 

よく「埼玉県、T.Y.より」といった感じの紹介がありますが、こうしたイニシャルは非常に「嘘くさい」ですから、アクセス者を納得されるのは難しいのです。

 

信憑性を上げるどころか、逆に「なんかこのサイトは胡散くさいな~」と、逆効果となってしまいます。

 

したがって、お客様の声を掲載するときは、なるべく実名にすることをお勧めします。

 

なお、実名紹介が困難で、イニシャルしか利用できないときは、むしろ「埼玉県 男性」くらいにしてイニシャルを外したほうが良いでしょう。

 

●会社案内

アクセス者は、初めて訪れたホームページで興味をもった場合、どんな会社なのか、運営者情報が載っているページを見ることがほとんどです。

会社名、所在地、連絡先電話番号、地図など、会社の基本的情報は、必ず掲載しましょう。

 

●代表者プロフィール

「代表者プロフィール」も、「会社案内」と同じく、よくアクセスされるコンテンツです。

ここでも、対面と違い「顔の見えない」ネットの世界では、顔写真を掲載すると、格段に親近感がアップします。

内容は、大企業のプロフィールによくありがちな硬い文章の「ご挨拶」だけではなく、砕けすぎない程度でプライベートな話題や、どんな思いで事業展開しているか、などを掲載されると、アクセス者に親近感を与ることができます。

 

メニューの設置数に特に制限はなく、いくつでも増やしていただくことが可能です。

 

ただし、メニュー数があまりに多いとコンテンツ(文章・写真など)づくりが大変ですので、初めは10個程度に抑えることをお薦めします。

 

また、同じ階層のメニューがあまりたくさん並ぶと、アクセス者は目的のメニューを探しにくくなり、ホームページの反応が落ちます。

 

コンテンツによってグループを分けて整理し、まず大項目を決定し、それに属するコンテンツを小項目で設置すると、アクセス者にとっても分かりやすく、目的のページを探しやすくなります。

 

また、デザイン・視覚的に、小項目より大項目のほうが目立ちますので、アクセス者に特に読んでほしいコンテンツは、大項目メニューで設置しましょう。

 

【設置例】

大項目「会社案内」を作成し、下記のような「小項目」を追加。

会社案内(大項目)
代表者プロフィール(小項目)
スタッフ紹介(小項目)
地図(小項目)